concept

“障害者の仕事”に対するイメージを、立翔館が変えてみせます。

作業に対する基本姿勢

立翔館は、取引会社から信頼され、尊敬される仕事をすることで、障害者の仕事に対して、企業が抱くイメージを変えていくことを目指します。

立翔館の作業受注量は、京都で最大の規模を誇ります。立翔館は、社会経済に則った活動環境の中でのみ、自立支援・就労支援が行えると考えます。

支援に対する基本姿勢

知的障害をもつ方に対する保護的・保育的な要素を排除し、「働く場」として機能することを追求します。

「働くこと=社会的な役割と責任を持つこと」を通じて、知的障害を持つ方が、人に頼らず、努力し、習得し、成長していける環境であることを目指します。

作業活動

企業からの下請作業(箱折作業中心)を行っています。

物量・品質・納期厳守の全てにおいて、企業に負けない仕事をします。
作業を通じて、労働への基本姿勢を身につけるだけでなく、仕事をすること・役割をもつことの喜びや厳しさも、その中で理解していけるよう支援を行います。

作業外活動

基本的にはレクリエーションなどの催事は行いません。

定例年間行事は以下の2点です。
○ 忘年会(12月仕事納め後)
○ 宿泊旅行(2~3月頃/1泊2日/年1回実施)

取引会社の方の声

  • 桁外れの物量をこなす作業スピードと、圧倒的な品質管理能力。『凄い』の一言。
  • 商品の美しさと安心感は、他の下請先とは比較にならない。格が違う。
  • 立翔館を訪問すると、いつも皆さん全員が礼儀正しく挨拶してくれる。うちの従業員にも見習わせたい。

学校の先生の声

  • 長年支援学校の教員をしてきたが、こんなに勢いと活気のある作業所は見たことがない。
  • 動作の遅かった子が信じられない速さで箱を折り、しゃべらなかった子が業務連絡をしている。学校時代、何もできなかった子達が、本当に立派に働いている姿に驚いた。

保護者の方の声

  • 息子の進路を決定する際、多くの施設を見学したが、優しいだけでない、しっかりとした厳しさをもった環境の立翔館に、『ここだ!』と一発で決めた
  • 何でも自分の力でさせてみることの大切さを、立翔館の職員の姿勢から学んだ。